【좋아(She is)】全曲感想②

どうも!F.M.です!

 

※※※※※2016年6月10日掲載記事の改稿分です※※※※※※

 

【2】White T-Shirt

 

 

White T-Shirt

White T-Shirt

  • JONGHYUN
  • K-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

ミューバンのこの時の師匠が素敵過ぎて貼ります←

 

カントリーとハウスが混ざったみたいと思ってたら、どうやら

トロピカルハウスというジャンルらしく…

 

トロピカル?????←

ちょっとよく分からなくて調べてみたら、ご機嫌になるリゾート気分の

ハウスらしいです…うんちょっと意味分からない(爆)

ここ数年で確立された新しいジャンルのようで。

曲構成はハウスなんですが、ちょっと変則的な感じでしょうか。

 

 

まず、ピアノがすごくいいです。

イントロからAメロくらいまで、要所要所でこのピアノが強いんですよ。

カントリーにジャズのリズムが入った的な、心地良いリズムです。

最初、他はベースとタンバリンみたいなチャリチャリ音だけで。

すごく印象的なラインで、師匠の見事なリズムボーカル(F.M.の造語)と

バッツリハマってるんですよねー。

 

どう展開してくのかなーと思ったら、Bメロに入ると、ビートが入ってきて、

Cメロでいきなりハウスになって、まあびっくりですよね←

ハウス特有の(F.M.が思ってるだけですが)、後ろで風吹いてる

みたいな電子音とピアノのみになって、若干のエモさを感じますね。

そこからだんだん盛り上がって、一気にサビへと行きます。

 

で、気になるのが、裏で定期的に出される「ハッ!」っていう

合の手のような声なんですよね。

ジプシー系の音楽のような、アイルランド民謡のような、ヨーロッパの

昔の民族音楽を感じます。

 

しかもサビはトロピカルなんでしょうが、F.M.的には

キョンシー(・・)が出てきそうな音で、東洋の香りもするという。

多分あれですかね、黒鍵を弾いてる感じですかね。

ヨナ抜き音階」的な?どなたか、詳しい方教えて下さい←

 

ハウスやらカントリーやらジャズやらは元々アメリカが

発祥の地なんですが、欧州やら東洋やらの香りを

取り入れてる感じで、メルティングポット的な感覚に陥ります。

 

これで「ハッ!」の合の手の後にイスラム系の音入れてきたら

もっと面白いかもとか思うF.M.はダメな子でしょうか(爆)

 

で、歌詞の内容なんですが、なんだかF.M.的には

色んな意味に感じられて、その中の解釈の一つに

頬染めてしまうんですけどどうしましょう←

 

「You’re so rock and roll」に集約されてると思うんですが、

「rock and roll」って、「超かっけー」という意味と、性的な意味(爆)、

どちらも持ち合わせてますよね。

 

飾らなくて、すごい妄想させるシルエットで、

なだらかな肩のラインに、無造作な髪が

なんでかよりおしゃれに見える、と。

※あくまで様々な方の訳を拝見した上でのF.M.解釈ですので、

 正しい歌詞の内容ではありません。

 

そしてサビでは「White T-Shirt」連呼…

 

ええと、これは、もしかして…

 

朝チュンな彼女を眺めながら

昨夜を思い出しニヤニヤす(自粛)

 

なんていうか、後で書く予定の「Suit up」よりも

すげーエロくてドキドキするんですけど←

事前より事後のニマニマ感がね、なんていうか(爆)

 

 

しかし、これをエロくない目線(エロ目線で聴いてたのかと自分に愕然とします←)で

聴いてみると、これまた他者の肯定というか、より広範囲な意味での

肯定と取れます。

 

「좋아」が自分ではどうしようもない部分のコンプレックスに

対して言及しているのであれば、「White T-Shirt」は

もっと内面的なところに言及しているのかな、と。

 

まあ、社会に出るとね、化粧したり、ちゃんとした服着たり、

挨拶したり、笑顔でいたり、とか、何かと暗黙のルールがありますよね。

それがなきゃ回っていかないわけではないものの、

より円滑にする為の処世術的な。

 

そういう部分に疲れている人は、驚くほど多いです。

かくいうF.M.も、元の性格が破天荒な為、社会人になってから

本当に苦労しましたし、未だに苦労しています。

 

でも、そんな武装する必要もなくて、自分が思う姿でいても、

ちゃんと「かっけーじゃん!」と言ってくれる、わかってくれる人は

いるんだよね、と。

 

外で頑張って帰ってきて、家の中で白Tでダラダラすごすのも、

なんかかっこいいと、魅力的だと言われたら、ほんとに

嬉しいですよね。

 

 

更に言えば、この曲自体が会社からの提供曲で、

歌詞を師匠がつけた、というところも一つ気になるところで。

 

冒頭にも述べましたが、すごく色んな要素の音が入ってきてますよね。

そういう曲が師匠に合うと、会社が考えたんだろうと。

そこに、ドシンプルの典型でもある「White T-Shirt」というワードを、

サビの一番重要な部分に持ってきてます。タイトルにもしました。

ハウスの構成でもありますが、リピートすることで、更に

意味深い言葉になっています。

この対比に、なんとも言えないつきぬけた爽快感があるんですよね。

 

様々な外的要素による問題があっても、そういうの全部とっぱらって

まっさらな自分であることの重要さというか。

逆に、自分の外的要素で固めた部分を取っ払ったら何が

残るんだろうという不安もあります。きっとそこが問題で。

だからこその肯定なんだと思うんです。

 

自分1人で勝負する勇気ってなかなか持てないけど、

誰かに「かっこいいね!素敵だよ!」って応援してもらえたら、

少なくとも1人で立つことができるかもしれない。

 

そして、まさにそこで師匠は今、踏ん張っているんじゃないかとも

思える歌詞です。

「It's your White T-Shirt  It's just White T-Shirt」というところ。

なんにでも合わせられる、なんにでも染まる白Tだけど、

その土台がないと、なにも出来ないでしょ?結局白Tが

全ての始まりであり一番重要なんだという、ね。

 

「You=会社」と考えると、ちょっとこの曲の印象がガラっと

変わってきまして。

悲観的にではなく、文句を言うわけではなく、ものすごい

DOYAで会社を挑発しているようにしか聴こえなくなってしまいまして。

 

ここでDOYAキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

 

と、興奮も興奮、わっしょい状態になるF.M.でして(爆)

 

で、上記は完全な妄想なんですが、そういう聴き方をすると、

この曲に限ってすごく力強く、リズミカルなボーカルな師匠に、

めちゃくちゃ勇気をもらえるF.M.なんです。

 

この曲も、朝聴くことで、一日を頑張れる曲ですよね!!!

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

ではまた!

※動画お借りしました!